京町MACHIYA-TIMES

zaisonoie.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 21日

植栽を選ぶ。

b0282668_14511098.jpg
京町町家には、お庭をしつらえています。

敷地に対して建物をゆったりと配して、
お庭をつくり、植栽を植え、
屋外リビングのように使えるウッドデッキをつくっています。

日本古来の縁側のような雰囲気。


木々の成長、そこにやってくる生き物たちに触れることで、
子供たちの野外学習の場になったり、
心のゆとりに繋がったり、特別な家族の時間をつくる場所になったり、
お庭には無限の楽しさが広がっています。


以下、京町町家のお庭を彩る植栽たち。
b0282668_1459038.jpgb0282668_14591572.jpg
b0282668_1503837.jpgb0282668_151968.jpg
上段左:しなやかな樹形と、明るく細かな葉のシマトネリコ(半常緑樹)。
暗い印象にならず、適度に視線を遮ってくれます。最近人気の樹種。
上段右:トキワマンサク(常緑樹)。枝葉の密度が濃く、生垣向き。ところどころ赤紫色の葉色と、濃いピンクの花が楽しめます。

下段左:シラカシ(常緑樹)。枝葉の密度が濃く、生垣向き。細長い葉は竹のような雰囲気があります。
下段右:シンボルツリーのヤマボウシ(落葉樹)。
冬は葉を落としますが、枝の密度が比較的濃いので、陽射しを採りいれながら、目隠しの役割もしてくれます。
すっとした樹形で、シンボルツリーにふさわしい。


その表情で四季を楽しませてくれる落葉樹も植えられています。
b0282668_1511711.jpgb0282668_1511187.jpgb0282668_15112983.jpg
白い花を咲かせ、実をみのらせ、秋には紅葉が楽しめるヤマボウシ。

b0282668_15141337.jpgb0282668_15163071.jpg
柔らかで、明るい黄緑色の葉を茂らせるエゴ。
エゴも白く小さな花を咲かせ、実をみのらせる木です。



緑を楽しむだけでなく、
夏は日影をつくり、冬は陽射しを採り入れ、
時には視線をコントロールする役割のある植栽たち。

それぞれに意図があるので、
設計の初期段階から計画をして図面に落とし込み、
樹を選ぶ際は、植木地まで足を運び設計者自らが選び、植え込みにも立ち会うようにしています。
b0282668_15213825.jpg



★「京町町家」では、2/23(土)・24(日)は、現地販売会&完成見学会を実施します。
★京町町家A棟、B棟の見どころを、ブログZAISO-TIMESにて紹介していますので、是非ご覧ください。
[PR]

by zaisohouse | 2013-02-21 15:22 | 家づくり


<< 街づくりスタート。      家具。 >>